top of page

2022年9月7日からの水際対策の変更に伴う陰性証明書に関して

9月7日午前0時からの入国条件の変更に伴うcovid-19に関する検査証明(以下:陰性証明書)に

関する質問が多かったので下記にまとめます


ワクチンを3回以上摂取している場合に限り、陰性証明は不要



注意点としては日本政府が認めているワクチンは下記の種類

コミナティ(Comirnaty)筋注/ファイザー(Pfizer)

コミナティ(COMIRNATY)筋注/復星医薬(フォースン・ファーマ)/ビオンテック社

スパイクバックス(Spikevax)筋注/モデルナ(Moderna)

バキスゼブリア(Vaxzevria)筋注/アストラゼネカ(AstraZeneca)

コビシールド(Covishield)/インド血清研究所

ジェコビデン(JCOVDEN)筋注/ヤンセン(Janssen)

*ジェコビデン(JCOVDEN)筋注/ヤンセン(Janssen)を1回目に接種した場合は、

1回の接種をもって2回分相当とみなします。

COVAXIN/バーラト・バイオテック(Bharat Biotech)

*2022年7月31日から有効

ヌバキソビッド(Nuvaxovid)筋注/ノババックス(Novavax)

コボバックス(COVOVAX)/インド血清研究所


上記のワクチンを合計で3回以上接種してれば陰性証明は不要


その他は引き続き陰性証明が必要です

ない場合は出発空港で飛行機に搭乗ができません


ワクチン接種証明書の条件

3回接種が必要

外国で発行された証明書に関しては

氏名/生年月日/ワクチン名又はメーカー/ワクチン接種日/ワクチン接種回数

以上が日本語または英語で記載されている必要があります

日本語または英語以外での記載の場合は、日本語または英語の翻訳があり

記載内容が判別できれば有効となりますが、できる限り日本語または英語で

用意する事を強くお勧めします



以上のまとめは9月1日現在のもので変更等がある場合がありますので

最新情報は必ず下記厚生労働省のページ等で確認が必要です


Indonesia Ver:





18 views0 comments

Comments


bottom of page